採用お手伝い通信

2022年11月

2022.11.28

離職問題について

 日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

株式会社広報企画センターです。
気付けば今年も残り1ヶ月。
いつまでも食欲の秋を言い訳にはできないので、体重管理と体調管理に気を配らないといけません。
季節の変わり目は体調を崩しやすくなるので、皆様もお身体にはお気を付けください。
それでは、今回のお役立ち情報をお届けいたします。
 
日本国内でも採用環境が日々変化しておりますが、
アメリカでの実例をふまえたデータがありましたので今後の参考にしていただければと思います。
◆リクルートワークス研究所
【インタビュー総括】米国企業は、採用難や従業員の離職の問題にどのような対処をしているか
https://www.works-i.com/column/trend2022/detail011.html
 
労働人口の減少はすでに目に見えて現れています。
労働力の確保として、シニアの活用、主婦さんの活用、外国人労働者の活用の3本柱を立てておりましたが
円安の影響により外国人の日本離れが進んでいます。
また、ライフワークバランスにつきましても対応できる大手企業はありますが
中小零細企業としては理想と現実に大きなギャップがあることも事実です。
これが今後も続きますと格差は広がるばかりとなり、ホワイト/ブラックという言葉で線引かれ、ますますの採用難が予想されます。
業務の分業化をはじめ、機械化、委託化も必要となります。
少しでも早く手を打つためにも良い取り組みはどんどん共有させていただきたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。
ページの先頭へ戻る